プラスチック容器は生活に利便性を付加【+チック容器】の魅力

高い性能

プラスチック需要増大

少し自分の周りに目をやると、たくさんのプラスチック製品があることに気付くでしょう。数百年前には木材や植物、石や金属などが日常生活に取り入れられていたのですが、近年、プラスチックの需要が急激にのびました。産業革命のひとつだと言われるくらいすごい発展をしています。何よりも成形しやすいので、日用品や、医療品や、工業製品など多種多様な使われ方をしています。特に工業製品での需要は多いです。今まで、木材や、金属で作られていたところを、プラスチックに変更するからです。その理由には、軽量化や衝撃や熱にも強くなるからです。また、成形しやすく、大量生産が可能になるからです。その分コストのかからない製品が作られるのです。

しやすいけど難しい成形

プラスチックは、成形されて初めて製品となります。成形にもたくさん種類がありますが、射出や、ブロー成形が主流でしょう。射出成形は溶かした樹脂を、圧力をかけながら金型に流して製品を作ります。ブロー成形は、ペットボトルのような中空容器を作るときに使います。近年、車のパーツは金属からプラスチックに変更されているものが多いです。パーツだけでも3万点はあるので、一部品の軽量化はわずかですが、トータルだとかなり軽くなっているでしょう。それだけの需要がありますが、成形品の要望は高くなっています。木や金属に比べて、成形しやすいのですが、難しいのです。矛盾のように思えますが、プラスチックには、ひけやそりといった曲がる性質があるのです。それを出ないようにするのがプロの仕事です。