プラスチック容器は生活に利便性を付加【+チック容器】の魅力

用途に応じたカーテン

どんな種類があるのか

ビニールカーテンと一言にいっても、様々な種類が存在しています。 大きく分けるとデザイン性重視のものと、機能性重視のものとになります。 デザイン性が重視されたビニールカーテンというのは家庭で使用されることが多く、ユニットバスなどの仕切り等に最適となっています。 機能性重視のものは医療現場や倉庫の間切り、工事現場といった場所で使用されることが多いタイプのものです。 というのも、それぞれの使用場所に適切な特殊性能が付加されているのが一般的だからなのです。 例えば防炎機能に優れていたり、紫外線に強く劣化し難いといったり。 形も様々で、通常のシート状のものもあればアコーディオン状のもなどもあります。 こうしたそれぞれの特徴によって、ビニールカーテンは使用される場所が違ってくるのです。

金額はどれくらいするものなのか

ビニールカーテンの金額というのは、その性能や形状によって金額は違ってきます。 家庭で使用するのに適した、特に付加性能のないものの場合などは2000円前後が一般的となっています。 オーダーメイドをしたとしても、6000円前後となっているのが相場です。 これに対し付加性能のついた業務用とされているものは、金額の幅に大きな開きがある傾向が強いのです。 というのも付加性能によって使用される素材も違いますし、その性能を持たせるための工夫や技術が必要となります。 そのため一般的なビニールカーテンよりも高額になることが多いのです。 平均すると10000万円前後となりますが、安いものでは1000円程度、高いものですと数万円と高額なものもあるのです。